青汁の選び方はこの3ポイントに注目!

選び方

今やドラッグストアにはたくさんの青汁が並んでいます。何を基準に選べばよいのか迷うほどです。青汁を選ぶ時に注目してもらいたいポイント。

①「原材料」

一口に青汁と言ってもその原材料はさまざまです。ケールや大麦若葉、明日葉、桑などです。それぞれ少しつ栄養価も違いますが、一番のオススメは大麦若葉です。臭みや青臭さがほとんどなく色のわりにサラッとクセがなく飲みやすいからです。大麦若葉は今や、青汁商品の半数の原材料になっています。

②「産地」

これは原材料の植物が摂れる場所です。海外なの国内なのか、同じ国内でも北なのか南なのか。青汁は葉っぱを使うので、オススメはやはり日差しの強い南の産地のものが、より葉緑素が栄養価が良いように思います。また、その土地の土壌や水、農薬の詳細も分かると、選ぶ際に良い判断材料になります。

③「製法」

青汁の多くは粉末状です、好きな飲み物やお料理にサッと溶けるし、1回分ずつにパッキングされているものは、持ち運びにも便利です。粉末妙にする製法にはいくつか方法があるようです。非加熱、圧搾、低温乾燥などです。

様々な商品を手に取り、商品説明をよく読み、試してみることが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です