赤ちゃんのUVケア怠ってない!?

babysup

敏感な赤ちゃんのお肌…強い紫外線でママさんはしっかりとケアしてるけど「赤ちゃんに日焼け止めは必要かな?紫外線からの刺激は気になるけど、日焼け止め自体の刺激も気になるし・・。」とお困りではありませんか?

実は、赤ちゃんにも日焼け止めは必要です。しかし赤ちゃんの日焼け止めは「選び方」が何よりも重要で、「選び方」を意識することが出来ると赤ちゃんの肌に負担をかけることなく紫外線の刺激から守ることができます。

日焼け止めは、私達大人だけでなく赤ちゃんにとっても必要不可欠なアイテムということを認識しておきましょう。

赤ちゃんの肌は柔らかく潤いもありますが、実際の皮膚の厚さは大人のほぼ半分程度しかなく、紫外線からのダメージを受けやすいデリケートな肌です。

そのため、赤ちゃんの頃から紫外線を浴びすぎてしまうと、大人になってから肌に【シミ】ができるだけでなく【皮膚がん】や【白内障】を引き起こす可能性も考えられるため、日焼け止めは赤ちゃんの肌を守るために欠かせません。

また、日光を浴びるのが絶対的に良くないという訳ではありません。それは日光を浴びるとカルシウムを骨に取り込むビタミンDなどの必要な栄養素がつくられるからです。

しかし過度な量の紫外線を浴びてしまうと今度は肌への刺激になってしまうので、一定の時間(10分以上)を超える外出には日焼け止めを塗る必要があるのです。

おすすめの赤ちゃんのUVケアはこちら→アロベビーのUV効果にビックリ! もう手放せない実体験の口コミ!

 

女性ホルモンが若さの秘訣?体を温める白湯が効果的!

女性ホルモンが女性にとっての健康に欠かせないことはご存知でしょうか。

女性ホルモンが乱れると女性は気分が落ち着かなくなったり、イライラを抱えたり、様々な変化が起きてしまいます。

そこで、女性ホルモンのバランスを崩さないために、女性ホルモンを守ってあげるために、非常に効果的な方法の一つ、白湯をご紹介します。

女性ホルモンは冷えに弱い!白湯が解消する秘訣

白湯って何だかわかりますか?50℃くらいのお湯のことを白湯って言います。

お湯

白湯の効果はわかりやすいですが体を温めてあげることです。

体を温めてあげるといろいろないいことがありますが、血液循環が良くなることが非常に大きいですね。

要するに冷え性の対策を行っているんです。

冷えっていろいろな影響を及ぼしますが、その一つにホルモン分泌もあります。

特にエストロゲンは冷えに弱いため、冷え性体質だとエストロゲンの分泌が悪くなり、肌が荒れたり髪の毛のつやが無くなる原因になります。

白湯の使い方は?

白湯は50度前後のお湯のことですが、どれくらいつの無の良いのでしょうか。

  • 150㏄程度
  • 朝起きた瞬間に飲む
  • こんな飲み方がいいって言われていますね。

    水分の摂取は体にいいことですが取り過ぎても体に毒なので、150ccが良いといわれています。

    また、朝起きた瞬間は体が起きていない状態で、低体温になりやすいので、早速温めてあげると効果的だなんて言われています。

    是非お試しあれ。